主婦が幸せであるために。

主婦が幸せで楽しい毎日を過ごせる方法

専業主婦が孤独や虚しさから脱するには趣味や仕事を持てばいい?それよりもコレをしてください。

スポンサーリンク

専業主婦 孤独や虚しさから脱する方法

専業主婦というと、どういうイメージですか?

夫の稼ぎだけで生活ができる優雅なイメージをお持ちの方もいるでしょう。

「暇じゃないの?」と思われる方もいるでしょう。

子供が学校に通っても専業主婦でいる主婦は金銭的な苦労が少ない方が多いです。

 

経済面は旦那に任せ、自分の時間がしっかりある。

なんの悩みもなくお気楽に毎日を過ごしてるように見えますが、専業主婦にも悩みがあります。

『孤独感』『虚しさ』から脱することができず、精神的に参ってしまい苦しんでる人も少なくはありません。

 

そんな専業主婦特有の悩みをどうしたら改善できるでしょう?

趣味や仕事を持ったり、友達とランチに行って暇をなくしたらいいでしょうか?

それも一つの方法ですが、それでは根本的な悩みを解決することにはなりません。

孤独と虚しさを感じる根源は自分を認めてあげることなんです。

私もこの方法で孤独感や虚しさから脱することができました。

毎日が同じ日々の繰り返しだと、憂うつに思う専業主婦の方にぜひ読んでいただきたいです。

 

スポンサーリンク
 

 

孤独感や虚しさをどうして感じるのだろう?

専業主婦 孤独や虚しさから脱する方法

「私はなんのために生きてるんだろう」

 

「この家に私はいなくても何も変わらないんじゃないか」

 

「旦那はよく働き、子供は元気に育ってる。これという悩みなんてないのに、なぜこんなに寂しい気持ちになるんだろう」

 

意味もなく涙が出たり、急に寂しくなったり、自分は誰かに必要とされてるのだろうかとネガティブな思考を持ち、出口のないトンネルの中にいるような気分になることはありませんか。

そんな悩みを持ってる専業主婦はあなただけじゃありません。

 

周りから見ると経済的苦労もなく幸せそうに見える奥さんが、どうして孤独感や虚しさを感じるのでしょう?

それにはこんな原因があります。

昨日と同じ今日が始まる

専業主婦の主な仕事は家事です。

家事は掃除、洗濯、食事の用意と変わりばえがしませんよね。

食事だけでも!と思い、いつもはトマトをスライスするだけなのに、カプレーゼを出したら「いつもの方がいい」と言われ、料理のレパートリーを増やすのを阻止されてしまうこともしばしば。

 

毎日同じことの繰り返しなんて誰だって飽きてしまいます。

専業主婦だけじゃなく、旦那も子供も仕事や学校に行く毎日で同じことの繰り返し、わがままなだけでしょうか?

同じ毎日の繰り返しでもそこには大きな違いがあります。

 

その違いとは能力を発揮し、レベルアップする喜びです。

学校や仕事では達成感があり、自分の能力が上がった確信も得ることが出来る。

ですが、専業主婦はどうでしょう。

今は家電も便利になり、能力なんてなくても出来てしまうんです。

 

そんな誰にでもできる仕事の家事にやりがいが感じられず「今日も同じ1日が始まるんだな」と憂うつになってしまいます。

誰も褒めてくれない

毎日掃除して綺麗な部屋を保っても、毎日食事を作っても、洗濯はアイロンをかけて柔軟剤ただよう着心地良い仕上がりにしても、誰も褒めてくれません。

家事はやって当たり前、それが専業主婦の仕事。

 

だけど、会社や学校だと頑張った時や成果があった時は褒めてもらえます。

なぜ家事は褒めてもらえないのかというと『家事は誰でもできる』と思われてるからです。

たしかに、やろうと思えば誰でもできるでしょう。

家電が便利になっただけではなく、スーパーに行けばお惣菜や焼くだけでおかずになるような商品もたくさん売ってますよね。

 

そうですが、毎日休みなしに専業主婦は家事をこなしてます。

これは、旦那や子供ができることでしょうか?

専業主婦の仕事は簡単じゃないのに、家族からの評価も低く、社会的評価も低い。

専業主婦が提供してる衣・食・住は人間にとって絶対的に不可欠なものなのに。

 

旦那や子供達が外で思いっきり仕事し、学べるのもあなたが家事をこなしてるお陰です。

ですが、縁の下の力持ち的な役割で誰からも褒めてもらえない。

言われるのは「暇がたくさんあっていいね」なんて言葉ばかり。

大変なわりに誰からも認められない仕事ばかりでうんざりしてしまうんです。

仲間がいない

専業主婦のあなたは一人で家事をこなしてますよね。

仕事や学校では仲間がいて、嫌なことがあっても励ましあえます。

仲間の活躍に影響を受けたり、影響したりと刺激もあります。

 

家事は一人でするという孤独感を常に味わっています。

家族はその気持ちに共感することなんてありません。

常に一人作業で、気持ちをわかってくれる人もいないから孤独感や虚しい気持ちになってしまうのです。

趣味や仕事を持ったら孤独感や虚しさから脱することができる?

専業主婦 孤独や虚しさから脱する方法

専業主婦の孤独感から抜け出すには『趣味』『仕事』を持とう!なんて言いますけど、本当にそれで解決するのでしょうか?

暇だから余計なことをあれこれ考えてしまう。

暇がなくなれば考えることもなくなるというのは正論です。

趣味や仕事を持って仕事仲間や、やりがいができることで孤独感から抜け出せる方もいるでしょう。

そういう方は、ただ暇を弄ばせてたことが原因なのでこの方法で解決します。

 

孤独感や虚しさが、暇のせいではない主婦にはこの方法に効果はありません。

暇をつぶすのは『臭いものに蓋をしてる』だけなんです。

 

私も孤独感や虚しさから抜け出したくて、料理教室に通ってたことがあります。

料理教室に決めたのは自分だけの自己満足の趣味ではなく、家族にも喜んでもらえる趣味だと思ったからです。

その時は楽しく、作ったことのない料理にチャレンジすることや、一手間加えるだけでこうも味が変わるのかと感激しました。

ですが毎日お料理教室に行くわけではないので、楽しいという効力は持続しませんでした。

料理教室で習った、デミグラスソースを使わないビーフシチューや手間のかかるキッシュなども作りましたが、家族はもっとシンプルな料理が好きで喜ばれることもありませんでした。

家族が喜ぶと思い手間をかけた料理は喜ばれず、料理教室で作るレシピも家族が喜びそうなメニューばかりでもなかったので結局やめちゃいました。

 

仕事することも考えましたが、これといってやりたい仕事もなく、仕事を始めると家事と仕事を両立させる自信もありませんでした。

もし、旦那が家事に協力的な男だったら仕事をするのは気分転換になったかもしれませんが、そうじゃない場合は家事に仕事に追われ、ただしんどい人生を送ることになってしまいます。

余計なことを考える時間もないので、孤独感や虚しさから脱することが出来ますが『有意義な人生を送っている』という点ではどうなんだろう。

そう思うと、したくもない仕事をするのは根本解決にはなってませんよね。

 

友達とのランチも習い事と一緒で、友達と美味しいものを食べて笑ってる時は楽しいでしょう。

でも家に帰るとまた孤独感や虚しさに戻されます。

同じ専業主婦でありながら、毎日を楽しそうに生きてる友達を見ると「私はなぜこうなんだろう」と持たなくても良い、劣等感を持つ可能性もあります。

ランチに行ってリフレッシュするのは良いことですが、問題解決にはならないんです。

 

スポンサーリンク
 

 

孤独感や虚しさの原因

専業主婦 孤独や虚しさから脱する方法

趣味を持っても仕事をしても解決できないこの悩みはどうしたらいいのでしょう?

原因を取り除くことが鍵です。

原因は「暇だから?」

そうではありません。

暇というのは良くいうと『有意義な時間』です。

『有意義な時間』が悪ではないですよね。

 

原因は『やりがいがなく、必要とされてる感じがしない』からです。

 

仕事はやりがい、報酬があるからやる気になりますよね。

したくない仕事を無給でできる人はどこをどう探してもいないでしょう。

無給でもボランティアのようにしたいことであれば出来ます。

 

同じ専業主婦でも孤独感や虚しさを感じない方は、家事にやりがいや喜びを感じてるのです。

そうじゃない方は、褒められもしない、毎日同じ、誰も共感してくれないことに嫌気がしてます。

そして、『家事は誰にでもできること』だと自分の仕事に誇りが持てないばかりか、自分自身の存在にまで価値を見出せなくなってしまってるのです。

考え方を変えて孤独感から脱出しよう!

専業主婦 孤独や虚しさから脱する方法

専業主婦の 孤独感や虚しさの原因は自分が作り出してることでもあります。

誇りが持てなくても、共感はしてもらえなかったとしても、たまに感謝されることはないでしょうか?

例えば、母の日だったり、旦那が病気になった時などです。

いつもは口に出して言わないけど、あなたの存在は家族にとってなくてはならない大切な存在なんです。

あまりにも生活に密着しすぎていて、家族も感謝の気持ちを忘れてしまうんですよね。

 

家事に誇りを持つ

あなた自身の中に『家事なんて誰でもできる』という卑下する気持ちがあるから、虚しさを感じてしまいます。

旦那さんに「専業主婦の仕事だって大変なんだから!」と言ったら

「じゃあ、俺の仕事と変わってみろよ。俺が主婦するからお前が今の俺と同じだけ稼いで来い」と言われたことありませんか?

専業主婦でいれるほどの稼ぎがある旦那さんは仕事へのプライドが高く、家事は誰でもできると見下してる方が多いです。

 

家事は誰にでもできるかもしれないけど、毎日同じように繰り返すことはそう簡単ではない。

毎食、献立を考えて料理を作ることも楽なことではありませんよね。

そんな旦那さんの心無い言葉を真に受けずに、もっと家事に誇りを持ってください。

旦那さんも売り言葉に買い言葉で本心からの言葉ではないはずです。

家事の大切さ、大変さを家族にも気づいてもらえば、家族が手伝ってくれたり、気にかけてくれるようになってくれますよ。

自分の存在価値を高める

家事にやりがいがなく虚しさを感じるのも原因の一つですが、子供が小さい時はこんな虚しさや孤独感を感じなかったのではないでしょうか。

子供の手が離れ、あんなに望んでた自由な時間が手に入ったのに虚しさを感じるのはなぜでしょう?

 

それは頼ってくれる存在がいなくなったからです。

子供が幼い頃はお世話で大忙しですが、充実感はありましたよね。

子供が成長し、幼稚園や学校に行くようになると自分のことはほとんど自分でするようになります。

手をかける必要がなくなると、子供のためにすることが減ってしまいます。

子供が自立していってる証拠なので喜ばしいことですが、子供のためにできることがなくなると自分の存在価値がなくなるように感じてしまうのです。

 

できることが増え、手伝わずできるようになっても子供にはあなたが必要です。

成長するにつれ、母親に生意気な態度も取るでしょう。

これも母親との信頼関係があっての甘えです。

子供が勉強や友達関係で悩んだ時にサポートしてあげれるのも母親、あなたの存在はただいるだけで心強く、安心するものなのです。

 

旦那さんにとっても奥さんがいるからこそ頑張れるものです。

旦那さんは奥さんや子供たちを養い、不自由のない生活を送ってもらいたい一心で頑張って働いてます。

そんなこと言わなくても、奥さんはわかってくれてると思っています。

「愛してるよ」などの甘い言葉を囁かなくてもあなたのことが大事で、子供や自分のために尽くしてくれる奥さんを大切に思ってます。

 

ですが、言葉や態度で示してもらわないとわからないものですよね。

自分がどれだけ旦那さんに愛されてるのか確認すると、嘘のように虚しさや孤独感から抜け出せます。

子供に「ねえねえ、ママのこと大切?」って聞くのは子供っぽいし言えないですが、旦那さんには思い切ってその気持ちを確認してみませんか?

 

恥ずかしいですか?そうですよね。

旦那さんもなぜ、あなたがそんなに孤独や虚しさを抱え苦しんでるのか理解できないでしょう。

専業主婦という優雅な時間を過ごせる立場を与えているのですから。

 

妻やお母さんになっても女性は女性扱いされたいものです。

旦那さんは態度や言葉では示しませんが、あなたのことを大切に思ってますよ。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

専業主婦 孤独や虚しさから脱する方法

専業主婦が孤独感や虚しさを感じるのは、家事の評価が家庭においても社会的にも低いことです。

その認識が刷り込まれてしまってるので、自分は意味のない人間なんじゃないかと虚しくなるのです。

 

家庭での自分の役割がわからず孤独を感じてしまいます。

「家族は学校や会社で頑張ってる。私だけ何もしなくていいのか」なんていう愚問を持ってしまう事もありますが、専業主婦はやることだけやったら自由に時間を使ったらいいんですよ。

何も申し訳なく思う必要はありません。

専業主婦の役割は、家族に笑顔を与えること。

みんなが心地よく過ごせるために、あなたが楽しく笑顔ならいいんです!

旦那さんもそれを一番に望んでますよ。

 

専業主婦の仕事は家事だけはなく、愛する家族のためにサポートするのが仕事です。

家事だけが仕事だと思うと「私は家政婦なの?」と存在価値を見出せなくなりますが、家庭を円滑に回すというのは家政婦ではできません。

子供や旦那さんが仕事や学業に専念できるのはあなたのおかげです。

お金という報酬は発生しなくても、家族が健やかに過ごせるようにお手伝いをしてると思ったら専業主婦にやりがいを持てますよね。

 

私も一時期は孤独感と虚無感に心が支配され、毎日泣いてばかりの日々を過ごしてました。

家事が手につかず、食事も喉を通らず、お風呂に入るのも億劫でした。

これは病気だと思い、心療内科を受診した事もあります。

 

この状況から抜け出すのは、病院で薬をもらって治療する事ではありません。

 原因を知り、それを改善できるよう自分の気持ちを切り替えることが大切です。

私は薬や病院に頼らず、この暗闇から脱することができました。

 

心療内科では問診で『うつ』だと診断されました。

こんなにやる気が起きず、涙も止まらず、何もしたくない自分を責めてばかりいたので自分はやっぱり『うつ』なんだと思いました。

 

ですが、薬の飲み方を説明された時に『薬をずっと飲み続けなくてはいけないこと』を怖く感じ、うつの症状が書かれてる冊子を見ると全てが自分に当てはまるものではなく、誰にでも当てはまるような内容が書かれてました。

今思うと、本当にうつだったのかと疑問が残ります。

血液検査で『うつ』は明確にわかるようですが、私は血液検査はありませんでした。

 

心の病気に特効薬はありません。

病院から帰って大量に渡された薬をしばらく眺め、捨てました。

心のどこかで薬に頼ったら終わりだという気持ちが残ってたのかもしれません。

 

苦しみから抜け出したくて『薬でなんとかなるのなら』と心療内科を受診したくなりますが、この苦しみから抜け出すのは自分の存在価値を認めてあげることです。

そのためには恥ずかしがらずに旦那さんに気持ちを打ち明け、存在価値を高めてください。

 

この世に不必要な存在の人間はいません。

そしてあなたは家族にとって、とても大切な存在です。

 

専業主婦は毎日同じことの繰り返しでつまらないかもしれませんが、暇がある人生って幸せなものですよ。

自分の存在価値を認めると、暇つぶしの習い事ではなく本当に自分のしたい事が見えてきます。

 

専業主婦の旨味は経済的にあくせくしなくてもいいところ。

その旨味をフルに利用して楽しく毎日を過ごしましょう。

 

専業主婦をさせてくれる旦那さんと結婚できたのは、紛れもなくあなたの能力です。

専業主婦は誰でもなれるものではありません。

仕事したければ仕事ができる、習い事をしたければ習い事をする時間もある。

考え方ひとつ、気持ちの持ち方一つで専業主婦であることに誇りを持てます。

そう思えた今、私は専業主婦で幸せです。

 

夫に愛されたいならネガティブ思考を捨てよ!ポジティブになれる12の方法 

www.matrimonialhappiness.com

 

片付けられないのはADHDのせい!?片付けが苦手な人でも出来る『片付け法』

www.matrimonialhappiness.com

 

こちらをクリックするとTOPページに戻れます。