主婦が幸せであるために。

主婦が幸せで楽しい毎日を過ごせる方法

旦那の気持ちがわからない。旦那の心を開かせ気持ちを取り戻す5つの方法

スポンサーリンク

旦那の気持ち わからない 心を開かせる

『旦那の気持ちがわからない』

『話しかけてもそっけない』

『以前のように愛情を感じられない』

結婚生活が進むにつれお互いを知るどころか、どんどんわからなくなってしまうことありますよね。

この状況を放っておくと最悪の場合、離婚に発展するケースもあります。

話しかけてもそっけない旦那さんの心を開かせるには愚痴を言ったり、攻めるのは逆効果です。

旦那さんと以前のように仲良くするためにはあなたの努力が必要不可欠です。

どのようにすれば旦那さんの気持ちを取り戻せるのでしょう?

旦那さんの心を開かせ気持ちを取り戻す方法を5つご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

旦那の気持ちを取り戻すには

旦那の気持ち わからない 心を開かせる

これといって原因があったわけじゃないのに旦那さんの気持ちがどんどん自分から離れていってる。

浮気などの大きな原因がなくても些細な不満が積み重なると結婚当初のように仲良しでいることは難しくなってきます。

このまま放置すると心の隙間が開く一方で、離婚に発展してしまう可能性もあるでしょう。

旦那さんの気持ちを取り戻すために、この5つを実践してみてください。

『やられたらやり返す』をしない

年齢が上がると結婚当初より重要な仕事を任されストレスを感じる旦那さんも多いです。

そのストレスが原因であなたに優しくする余裕をなくしてる場合もあるでしょう。

旦那さんだけが変わったのでしょうか?

あなたは結婚当初のように旦那さんを労ってますか?

 

人はどうしても長く一緒にいると馴れ合いが生じてしまいます。

そうなると気を使えなくなってしまうんですよね。

旦那さんが以前のように優しくなるのを待っていても何も変化は得られません。

自分がしてもらいたいことを、まずは旦那さんにしてください。

 

「やられたらやり返す倍返しだ!」という名台詞で人気のドラマがありましたが、あれはドラマの中での話であって実際はやり返すとうまく回るどころか悪化の一途をたどります。

旦那さんに冷たくされたからといって、同じような仕返しをても

「俺が冷たいから嫁も冷たいんだな改めなくっちゃ」

なんて旦那さんは微塵も思いません。

やられたら同じことをやり返すのではなく、あなたがされて嬉しいことを旦那さんにはしてあげましょう。

旦那さんを『男』だと思い、自分は『女』であることを意識する

結婚すると『男と女』という艶っぽい関係が『夫と妻』に変化します。

子供ができると『夫と妻』という関係から『パパとママ』という家族愛の形に変化してまいます。

子供にとってあなたと旦那さんは『パパとママ』でも、2人にとってはいつまでも『男と女』であることが理想です。

 

 

『パパとママ』の関係になると子供を育てることだけが二人の義務になり、『男と女』の愛の形であるセックスをするのが億劫になってしまうこともあります。

男性は自分が『男』であることを強く求める生き物です。

奥さんに『男』扱いされないと男として受け入れてくれる女性に走ってしまいます。

夫婦にとってセックスが大事なのは、究極のコミュニケーションであると同時に男性欲を満たすことでもあります。

 

男性がその欲を満たすのに、あなたが『女』ではなく脱力感いっぱいのオバさんになっていたら旦那さんの欲求は満たせないですよね。

他の女に心を奪われないためにも、旦那さんを『男』として扱い、自分はいつまでも『女』だということを意識してください。

居心地の良い環境を作る

旦那さんの気持ちがわからない奥様の中には『旦那がほとんど家にいない』という家庭も少なくはありません。

家にあまりいないのでコミュニケーションを満足にとれず、旦那さんの気持ちがわからなくなってしまうのは当たり前ですよね。

 

なぜ旦那さんは家に帰ってこないのでしょう?

浮気をしてる、仕事が忙しいなど理由がありますが、居心地の良い環境を作ると男性は家に帰って来たくなるものです。

 

具体的に『居心地の良い環境』とは衣・食・住にこだわることです。

 

『衣』の着るものは、清潔でシワのないシャツを着ると心も引き締まります。

着るものは身だしなみを整えることでもあるので、働く旦那さんにとって重要な部分です。

 

『食』は『男は胃袋を掴め』という言葉がありますが3大欲求の食が満たされると、とても幸せな気持ちになります。

旦那さんの好物を把握して、子供の好きなものを作るだけではなく旦那さんの好きなものも食卓に出すと効果的です。

 

『住』は住むところ。

部屋が整理整頓されていて清潔だと気持ちがよく、くつろげます。

 

着るものに不自由なく、食欲が満たされ、リラックスできる居心地の良い環境を作ることで旦那さんが家にいる時間が長くなりコミュニケーションを図りやすくなります。

旦那さんに頼る

男性は『必要とされてる』と思うと自尊心がくすぐられ、嬉しくなるものです。

ちょっとしたことでも旦那さんを頼ってることをアピールしてください。

 

例えば

「あなたがいると子供達が嬉しそう」

「このビン、硬くて開かないの開けてくれる?さすがね、私ではとても開けられないわ」

など、私ではできないけどあなたならできちゃうのね!と言うことで『俺は頼りにされてる、守ってあげなくちゃ』と奥さんを大切に思う気持ちが増します。

感謝する

女性は男性からどんなことをされると愛を感じるのか。

女性は男性からプレゼントをもらうなど『想ってくれてる』という、与えられた時に喜びを感じます。

一方、男性は女性の笑顔や感謝の気持ちなど幸せにしてあげてる』ことに喜びを感じます。

 

旦那さんの機嫌をとろうと思った時にすることは、物を渡すことではなく、あなたの笑顔が最高の贈り物になるのです。

あなたが楽しそうに、嬉しそうにしてるだけで旦那さんの愛情は満たされます。

逆にガミガミと怒って不満ばかり言ってると愛情が冷めてしまいます。

 

感謝の気持ちを持っていても伝えなければ旦那さんに届きません。

ちょっとしたことでも、やって当然のことでも「ありがとう」と伝えてください。

感謝を心がけるだけで劇的に旦那さんの気持ちが変わりますよ。

旦那の心を開かせるのにしてはいけないこと

旦那の気持ち わからない 心を開かせる

旦那さんの気持ちがわからないと無理に聞き出そうとしたり、自分の気持ちを押し付けてしまいますが、それでは逆効果です。

旦那さんの心を開かせるのに大切なのは『こじ開けること』ではなく、自然に開きたくなるように仕向けることが鍵となります。

これをすると逆効果になるのでしないようにしてください。

寝室をわける

最近は夫婦でも個人の空間が持てるよう、寝室を別にしてる家庭も少なくはありません。

ですが、これは逆効果です。

人は寝ている時が一番、無防備な状態。

無防備な状態を共有できるということは、自然に信頼関係が築けるのです。

眠りに落ちる前というのはリラックス状態でもあり、本音を聞ける瞬間でもあります。

 

絶好の信頼関係を築ける場所の寝室。

これを分けてしまうと旦那の心がわからなくなってしまって当然です。

考えすぎてしまう

旦那の気持ちがわからないと焦ってしまって、この状態から脱したいと強く思ってしまいますよね。

その気持ちは痛いほどわかりますが、そうなってしまうと旦那さんの行動ばかりが気になって疑わなくていいことでも疑ってしまいます。

旦那さんは疑ってることを察知すると、余計に自分の殻に閉じこもってしまいます。

 

そうならないためにも気分転換は大切です。

旦那さんのことだけを考えるのではなく、他のことに気持ちを向けることで心が晴れやかにもなりますし、旦那さんを見る目も自然と優しくなれるものです。

 

人は依存しすぎると真実が見えなくなり、考えなくていいことをゴチャゴチャと考えてしまいます。

旦那さんの気持ちを開かせたいのなら、旦那さんのことばかり考えるのではなく自分の趣味や興味のあることに没頭するといいでしょう。

 

そんなあなたを見て「最近、楽しそうだね」と旦那さんから話しかけてくれ、振り向かせることができますよ!

旦那さんに期待する

女性は周囲を察しながら生きていく性質があります。

なので旦那さんが気づかないことが不思議でたまりません。

わざと気づかないふりをしてるのかな?と思っちゃいますよね。

 

 

男性は相手が誰であろうと人の気持ちを察したり、先回りして行動するのは苦手な生き物です。

悪気があるのではなく、これが男性の性質なんです。

 

それなのに「気づいてくれない、察してくれないのは私を想ってくれてない証拠なんだわ」と落ち込む必要はありません。

一番の解決策は旦那さんに期待しないことです。

 

期待してしまうと旦那さんが自分の思った通りの行動をとってくれなかった時に、非常に悲しくなり、怒りすら覚えます。

そうなると、あなたからギスギスオーラが出てしまうのです。

 

男性は感謝され、喜ばれると自分の存在価値が見出され嬉しくなります。

その逆の行為をされると気持ちがどんどん遠のいてしまいますよ。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ 

旦那の気持ち わからない 心を開かせる

旦那さんの気持ちがわからないのは、夫婦生活をしていれば誰もが陥るといっても過言ではありません。

だって、元は他人なんですから。

他人同士の夫婦が何もかもを理解し合うのはとても難しいです。

ですが『何を思ってるのか』『どう思ってるのか』 というのを聞き出すのは努力次第でできることです。

 

旦那さんの心を開かせ、あなたのことも知ってもらうのに重要なのは

旦那さんに居心地の良い環境を提供し『奥さんのために何かしたい!』と思わせることです。

 

  • 旦那さんに辛く当たられてもやり返さないこと
  • いつまでも『男と女』の関係でいること
  • 衣食住を快適にすること
  • 旦那さんに頼ること
  • 感謝すること

の5つの方法を実践してください。

 

その中でも感謝することは絶大な効果があります。

当たり前なことでも、些細なことでも旦那さんに1日1回「ありがとう」を伝えてくださいね。

「いつも遅くまで仕事ご苦労様。ありがとう」

「子供達、あなたと遊んでる時が一番楽しそう。ありがとう」

「美味しそうにご飯食べてくれて嬉しいわ、ありがとう」

などなど。

 

あなたに「ありがとう」と言われると、冷たく凍りついてた旦那さんの心も雪解けのように徐々に溶けていきますよ!

 

 

こちらをクリックするとTOPページに戻れます。