主婦が幸せであるために。

主婦が幸せで楽しい毎日を過ごせる方法

旦那に謝らせるのは意外と簡単!?謝らない旦那の心理とは?

スポンサーリンク

旦那 謝らせる 謝らない 心理

旦那さんと喧嘩した時にどちらが最初に謝りますか?

心理学的には女性は男性より謝らせる能力が高いと言われてます。

「そんなの嘘よ!うちの旦那は絶対謝らないわよ!!」と思ってる妻も多いでしょう。

完全に非がある場合でも謝らない旦那を、どうやったら謝らせることができるでしょうか。

『旦那を謝らせる方法』と『謝らない旦那の心理』を理解すると「男ってこんなもんね」と心が穏やかになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク
 

謝らない旦那の心理

旦那 謝らせる 謝らない 心理

どう考えても旦那の方が悪いのに謝らない。

「悪いことをしたら謝るんだよ」

「自分に悪気がなくても人に嫌な思いをさせた時は謝るんだよ」

と義母は教えなかったのでしょうか?

 

悪いことをしてしまったり、人に嫌な思いをさせてしまった時は謝るのが常識ですよね。

あなたは自分が悪くなくても、夫の気分を害してしまったら謝るタイプだと思います。

『妻の気分を害してるのに謝らない旦那』

『謝ってくれたら許す』と言ってるのに謝らない旦那が理解できません。

 

旦那とうまくやっていきたいからこそ愛情があるからこそ、こっちは謝るのになぜ旦那は謝らないのでしょうか?

妻への愛情がないのでしょうか?

そんなことはありません。

夫婦喧嘩で旦那が謝らない理由は女性が思っているものとは全く違います。

旦那さんが謝らないのは男性特有のこんな心理が隠されてるからです。

男としてのプライドが許さない、妻より優位に立ちたい

男性社会は戦場です。

弱さを見せると付け込まれる世界で旦那さんは常に戦ってます。

一般的に『謝る』ということは相手に弱さを見せることになります。

自分のしたことが間違いだったと認めたことになってしまうと思うのです。

 

女性にとって謝ることは人間関係を円滑にするための手段だと思ってるので、どちらが悪い関係なく謝る人が多いでしょう。

男性は謝ることで『自分の非を認めた』『家族の大黒柱になれない』『妻より立場が弱くなる』と思ってしまうため自分に非があっても謝れません。

 

自分が悪いとわかってるのにあなたに正論を言われると、負けじと反撃してきます。

なんとしてでも自分を優位な立場におきたくて「俺だってこの間、嫌な思いしてたのに我慢したんだ!」と謝るどころか自分を正当化してくるでしょう。

妻への甘え

怒りという感情は人を不快にさせます。

不快にさせるのはわかっていても、怒りの感情が現れるとなかなか鎮火しません。

会社の上司や目上の人に対しては、その感情をなんとか押さえつけて我慢します。

旦那さんも外ではどんな理不尽なことを言われても我慢してます。

ですが、家ではその戦闘モードが緩んでしまうのです。

「妻なんだから俺を受け入れてくれるよな」という甘えから謝れないのです。

 

そして、妻なんだから全てを受け入れてほしいと思っています。

意見が食い違った時に旦那さんがムキになって怒り出すのも、あなたはただ意見を言っただけのつもりなのに、否定されてると感じてしまうからです。

 

あなたに対する甘えがあるので「妻は謝らなくても許してくれる。受け入れてくれる」という勘違いをして謝らないのです。

旦那に謝らせるのは意外と簡単!?

旦那 謝らせる 謝らない 心理

男はプライドが高く優位に立ちたい!?妻への甘え!?

そうだったら謝らせるのはやっぱり難しいんじゃない?と思いますが、心理学的にはそう難しいことじゃないんです。

 

これはホンマでっかTVで放送されてたのですが、夫婦喧嘩で女性は相手を謝らせる能力が非常に高く、時間が経つと最終的に男性が謝ることが多いと心理学の先生が話してました。

女性は論理や時系列を気にせず話す傾向があり、男性は論理や時系列を気にするためです。

 

例えば、旦那さんが「電気つけっぱなしだった」と言うと、妻は「あなたはいつも服を脱ぎっぱなし」「あ、そうそう友達が言ってたんだけど・・・」とか、今とは全く関係ない話を浴びせられると、今起こってる話と過去の話がごっちゃになってパニックになるようです。

 

時系列の噛み合わない話をマシンガントークでお見舞いすると、旦那さんは若干の反撃はするでしょうが、頭の中は「何言ってるんだ?わけがわからなくなってきた。何で喧嘩になったんだっけ?」とパニック状態に陥り反論しなくなるでしょう。

そして「もう俺が悪かった!ごめんごめん」と謝罪してきます。

この時の言い方は相当投げやりでしょうが、とりあえず『謝罪させる』という目標は達成です。

TVで紹介されていた通り、旦那をパニック状態にするということが重要です。

そうなると『謝れば話が終わる』と思って、旦那さんに謝らすことができます。

 

あなたが求めるのはこんな無理やり言わせた謝罪でしょうか?

そうじゃないですよね、心の底から謝ってほしい。

自分が受けた痛みをわかってくれての「ごめんね」が聞きたいですよね。

その方法もあるにはあります。

  

スポンサーリンク
 

 

心からの謝罪を求めるならあなたから

旦那 謝らせる 謝らない 心理

あなたと喧嘩になってしまった時、旦那さんはすでに心の中では謝ってます。

ただ、男のプライドやあなたへの甘えがあって素直に謝れないのです。

はっきり言ってしまうと、旦那さんから心のこもった謝罪の言葉を聞くのは難しいでしょう。

「はいはい、ごめんごめん」のように適当に言ってるように聞こえますが、旦那さんにとっては精一杯、心のこもった謝罪です。

そうやって茶化さないと、恥ずかしいのです。

お子ちゃまな男性のために、ここはあなたが人肌脱ぎ許してあげましょう。

旦那さんと喧嘩しても修復する鍵はあなたが握ってます。

喧嘩にならならず仲良く居られるのが一番ですが、元は他人同士。

共同生活をしてたら喧嘩はつきものです。

喧嘩が起こってしまった時に、仲を修復するにはこちらの方法が効果的。

この方法で旦那さんの心が響けば、心のこもった謝罪も期待できます。

 

自分に非がある場合はちゃんと謝る

旦那さんに心のこもった謝罪をしてもらいたいのなら、あなたも旦那さんに対して誠実な対応をとらなくてはいけません。

もし、少しでもあなたに非があるようなら旦那さんのことはひとまず置いといて、誠意を持って謝りましょう。

「旦那が謝らないんだったら私も謝らない!」というのは、やられたからやり返すの原理です。

いじわるされたから仕返しするのは、成熟した大人として恥ずかしい行為ですよね。

自分の非を認めることは、あなた自身の人間力もアップします。

人のせいばかりにするのではなく、自分の欠点を直すのは自分の魅力アップにもつながります。

言い方を変え、言う時を見計らう

喧嘩になるのは些細なことがキッカケになるのがほとんどです。

もし大きな喧嘩だったら、謝罪を求めるどころか離婚や慰謝料請求の話になってくるでしょう。

 

例えば、いつもあるはずの場所に爪切りがない。

「爪切り知らない」

「知らん、お前が使ったのが最後だろ!」

と言ったのに旦那の物を入れてるところから出てくると

 

「やっぱり、あなたが最後じゃない!(怒)」

「うるさい!お前だってちゃんと片付けないだろ!!(怒)」

と、こんな些細なことで大げんかになり、何日も家の居心地が悪くなってしまいます。

 

こんな小さな喧嘩でもチリも積もれば山となりますし、非は旦那の方にあるのだから認めてほしいですよね。

「ごめん、俺がちゃんと片付けてなかった」と、さえ言ってもらえれば気持ちはおさまるものです。

でも、男性はこんなちょっとした「ごめん」が言えない生き物なのを理解しましょう。

 

ではどうするか。

「やっぱり、あなたが最後じゃない!(怒)」と言いたいのを堪える。

『文句を言わないで黙るストレス』と『文句を言って喧嘩に発展して謝らないストレス』を天秤にかけたらどちらが重いでしょう?

『文句を言わないで黙るストレスの方』が幾分かマシです。

 

このストレスを溜め込むのはよくないので、旦那の機嫌がいいときに「もう〜、この前もあなたのとこから爪切り出てきたし〜。大事なもの隠すなんてハムスターみたい〜」と笑いながら冗談っぽく伝えましょう。

笑顔がないと嫌味に聞こえます。

嫌味を言ってるので、嫌味に取られて当然なのですが『旦那の機嫌がいい』+『笑顔』で旦那は笑って流してくれます。

言いたいことは、頃合いを見計らって伝えるのが得策です。

形だけでも旦那を立てる

謝らない男性というのは元々素直じゃない性格で、人一倍プライドの高い性格です。

こういった男性と結婚してしまったのが運の尽き!?

プライドの高い旦那さんは頑固だけど、家族を養う能力に長けてる頼り甲斐のある男性が多いはずです。

その部分を理解し、謝れない性格の旦那さんを受け入れてあげましょう。

 

謝れない性格の旦那さんは、形だけでも自分が家庭で優位に立っていると実感すると安心し、妻にも優しくなれます。

腹が立つのはわかりますが、言い返すのをグッと堪えただけで旦那さんをいい気分にさせて妻が生活をコントロールできます。

旦那さんが機嫌がいいと、こちらの要望も通りやすいですよ。

『愛してる』をもっと伝える

夫婦となり子供ができると、どうしても子供優先になってしまいます。

夫婦喧嘩が起きるのは、愛情を感じられないというのも原因の一つです。

 

男性はいくつになっても女性に甘えたいもの。

だけど、お互いがパパとママの関係になってしまうと甘えられず、ストレスを発散する方法が減ってしまい些細なことで怒りやすくもなります。

 

愛情を言葉で伝えるも良し、ハグをしたり、態度で示すも良し。

愛情が満たされ、気持ちに余裕があるとちょっとしたことは気にならなくなりますよね。

あなたや子供達が「パパ大好き!」という気持ちを示してると、ちょっとやそっとのことで目くじら立てる小さい男ではなくなります。

家族の期待に応えたい!と包容力のある真の大人の男性に変化します。

しょうもないことで旦那がイラつかなくなると、喧嘩も減るので謝罪しないことにイラつくことも少なくなります。

まとめ 

旦那 謝らせる 謝らない 心理

謝ることができる男性もいますが、素直に謝れない男性は人一倍プライドが高いのです。

強引に謝罪させるのなら、時系列の噛み合わない過去や現在、未来の話を喧嘩の際に浴びせてください。

ですが、謝ってほしいのは何のためでしょう?

その目的によっては、時系列を攻めたって何の解決にもなりません。

 

旦那さんがあなたに謝れないのは

『他人には見せれない悪態も受け止めてほしい』

『夫婦なんだから自分の意見を受け入れてほしい』

という、信頼感と甘えからきてるのです。

 

謝らない旦那をどうにかするより、あなたが意識を変えた方が早いです。

『旦那は謝らないもの』と認識し、旦那をうまく転がすのも手です。

あなたが下手に出て調子に乗るようだったら、自分に非がない場合は謝る必要はないと思います。

 

あなたが謝ることで『自分は何をされても許される』という腐った概念を持つ男性もいます。

悪いことしたとわかっていても意地を張って謝れないのなら可愛いですが、どんどんつけあがる旦那には謝らなくてもいいでしょう。

 

子どもたちと仲良く過ごし、自分の楽しめることをする。

旦那さんとの仲に固執せず『旦那は生活させてくれるだけの人』と割り切りましょう。

そうすると、あなたに甘えてばかりいた傍若無人な態度に旦那さんが気づくかもしれません。

ただし、完全に旦那さんが悪い時だけですよ。

あなたに少しでも非があるようなら謝ることは大切です。

 

旦那に謝罪をしつこく要求すると貝のように固く口を閉じてしまうので、謝ってほしいことを伝える時は簡潔に。

謝罪の言葉がなくても、態度で示してるようだったらどうか精神年齢の低い旦那さんを許してあげてください。

言葉では伝えられなくても、心の中では悪かったと謝ってものですよ。

 

絶対に謝らない旦那の心理3つと仲直りする4つの方法

www.matrimonialhappiness.com

 

こちらをクリックするとTOPページに戻れます。