主婦が幸せであるために。

生涯のパートナーとして選んだ相手と末長く良い関係を築ける法則

産後レスを放置してはいけません!今するべきセックスレス対策で夫婦円満になろう!!

産後レス 影響 解消法

「セックスが嫌いだったわけじゃないのに、産後そういう気分になれない。」

 

それは、出産や育児ストレス、疲れなどが原因で、産後レス妻になってるからではありませんか?

セックスしたくないのに、無理にするのは苦痛ですよね。

 

ですが、今は「セックスしたくない!」と思っていても、2人目や3人目がほしくなったり、性欲が突然復活することもあるでしょう。

 

あんなに誘われるのが苦痛だったのに、旦那さんに求められなくなると「私のことどう思ってるんだろう?こんなにしないなんて他に女がいるんじゃないの?」と、不安になる時がくるかもしれません。

 

「そう言えば、以前は誘ってきた旦那が最近誘ってこない・・・」と思った時には、セックスレスなんてことも。。。

私も同じ経験があるので、産後したくない気持ちも、旦那に求められなくなって辛い日々を送る気持ちもわかるんです。

 

我慢して受け入れることができるなら、誘いを断らないのが一番ですが「どうしてもできない」「今は苦痛でしょうがない」という方は、今はセックスしなかったとしても、いずれ再開できる下準備をしておきましょう。 

 

対策を練るか、何もしないかで数年後の夫婦仲に差が出ますよ。

今するべきセックスレス防止と、夫婦円満対策をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
 

セックス せずに夫婦仲を悪化させない対策

産後レス 影響 解消法

今はセックスしたくなくても、レス状態を放置したり、何も対策をしないのは危険です。

セックスしないとしても、夫婦円満でいられるように3つのことを心がけてください。

人として嫌になる言動をとらない

育児に忙しく睡眠不足が続くと、どうしても旦那さんを思いやる気持ちに欠ける言動をとってしまうこともあるでしょう

時には冷たい言葉や、態度をとってしまうこともあるかもしれません。

 

「やってしまった」と思っても、夫婦という甘えで謝まらずにいると、旦那さんの気持ちは離れてしまいます。

 

夫婦という近い関係になり、遠慮がなくなると忘れがちですが

  • 悪いことをしてしまった時には謝る
  • 感謝の気持ちはちゃんと伝える
  • 思いやりを持つこと

は夫婦としてだけでなく、人として大切なこと。

 

『親しき仲にも礼儀あり』の気持ちを忘れず、感謝の気持ちはたくさん伝えましょう。

ステキな奥さんなら『嫁が嫌い!』と嫌われることはありませんよ。

関連記事>>

www.matrimonialhappiness.com

 

スポンサーリンク
 

女性としての魅力を維持する

産後は自分の身なりをかまう時間がなく、楽な服装ばかりしてたり、常にスッピンになってしまうことも多いかもしれません。

そして、出産後のお腹はまるでしぼんだゴム風船のよう。

このお腹は、戻す気持ちがないと元のようには戻りません。

 

「出産したんだし、しょうがない。太ったのは出産のせい」と、きれいになる努力を怠っている女性を客観的に素敵だと思えるでしょうか?

女同士でも、きれいでいることを意識した女性の方が輝いて見えますよね?

 

男性は、女性以上に見た目に敏感です。

そして、性的に興奮する要素に視覚は欠かせません。

 

あなたの見た目がおばさん化してしまうと、性的に興奮できなくなってしまうことも。。。

そうなると、自然にレスは進行してしまいます。

 

「したくないから、旦那が私を女として見なくなって良かった!」と思えますか?

今はそう思うかもしれませんが、女性として見られなくなるのは想像以上に辛いものですよ。

 

それに、女性として見られないことでセックスを避けるのは、今だけの対処法です。

この方法は、いずれしたくなった時に、旦那さんから避けられる原因になりかねません。

 

スポンサーリンク
 

セックス のことを夫婦で会話する

セックス を何故したくないのか、旦那さんにちゃんと伝えてますか?

「今日は疲れてる」という断り方も、毎回だと本当は疲れてるんじゃなく、したくないだけだと思われてしまいます。

 

男性は子どもが生まれてもさほど変わることがないので、妻の「疲れてる」という言葉を理解できません。

夜中に何度も起きて、授乳やオムツ変えしてることを気づいてない旦那さんもいるでしょう。

 

育児で睡眠が不足してることや、自分の時間がないことでストレスを感じてることなどを、旦那さんに正直に話してください。

初めての育児で気持ちの余裕がなくなってることを伝えると、旦那さんが協力してくれる場合もあります。

 

とはいえ産後、旦那さんができる育児はほとんどありませんし、旦那さんに任せても子供に「ママがいい」と言われたら手伝ってもらえないこともあるでしょう。

 

そんな時は、家事を手伝ってもらうだけでも心にゆとりができることを伝えましょう。

旦那さんが家事を手伝ってくれると、することが少し減ります。

 

妻を気遣って手伝ってくれてると思うと、旦那さんへの感謝の気持ちも芽生え、受け入れる気が少しは湧いてくるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク
 

セックスが嫌だと思う原因を知れば、受け入れることができるかも!?

産後レス 影響 解消法

あなたがセックスしたくないのは、旦那さんが嫌いだからではないはずです。

旦那さんを大事にしてるからこそ、自分のしたくない気持ちと旦那さんの欲求の板挟みで苦しんでるのではないですか?

 

話し合うことで、旦那さんがあなたの気持ちを理解してくれたらいいのですが、『セックス』という欲求は人間の3大欲求の1つでもあり、夫婦ならして当たり前という観念があるのでなかなか気持ちを理解してくれないこともあるでしょう。

 

もし、わかってもらえないなら、あなた自身がしたくない原因を探して排除することで、少しずつしたくない気持ちが変わってくるかもしれません。

 

例えば、性交痛があるなら、ローションを使ってみることで痛みが軽減します。

ローションの購入は薬局などでもできますが、買うのが恥ずかしい場合はネットでも注文できます。

ローションの成分が気になるなら、オーガニック成分にこだわったローションもありますよ。

痛いのはもう嫌!オーガニックローションで悩み解決>>

 

もし、セックスするより寝たい気持ちが強いなら、旦那さんにお願いして自由な時間を作ってもらったり、家事や育児を手伝ってもらうのもいいですが、いっそセックスすることで幸せホルモンが増えると、寝るより疲れが吹っ飛ぶかもしれません。

 

『セックスで女性がきれいになる』というのは、an・anで特集が組まれるほど有名です。

肌と肌が触れ合うことで起こる高揚は、女性ホルモンを活発化させ、幸せホルモンといわれるセロトニンが分泌します。

 

女性ホルモンはストレス耐性が高まるホルモンです。

セロトニンは幸福感が高まり、気持ちが安らぐホルモン。

 

この2つのホルモンがセックスによって大量に分泌されると、睡眠不足でも疲れが気にならなかったり、イライラを解消してくれます。

 

少しでも寝たい気持ちもわかりますが、思い切って旦那さんの希望を受け入れると心身ともにリフレッシュできるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ

産後レス 影響 解消法

今はセックスしたくないのは、産後のストレスや育児疲れなどの原因で、一時的にしたくない可能性が高いです。

生理が再開したり、育児に慣れて落ち着いてくると、セックスしたい気分になる女性も多いんですよ。

 

あなたの性欲が回復した時に、旦那さんに拒否されたらどうでしょう。

「嫌ならしょうがない」と、すんなり割り切れるものでしょうか?

自分の気持ちも大切にしつつ、旦那さんの気持ちも想った行動を心がけることで、一過性レスから慢性的レスに発展することを防げますよ。

 

せっかく子どもを授かったのに、産後のストレスや育児疲れが原因で夫婦仲が悪くなるなんて辛いですよね。

旦那さんの気持ちを思いやることで、セックスレス以外の夫婦問題解決にも必ず生きてきます。

 

私も産後、セックスしたくなかった時期があります。

第一期のレスは『膣が痛い』で拒否。

これは潤滑ゼリーを使うことで解消しました。

 

第二期の原因は『セックス する時間があるなら眠りたい』でした。

この時は自分の睡眠欲を優先してしまい、大きなバチが当たりました。

セックスを拒否してたら、いつの間にかレスになった経験があります。

 

数年は辛い日々が続いたので、同じ思いを皆さんはしないでくださいね。

おかげさまで、なんとか抜け出すことができました。

 

でも、本当にあの時は自分の存在価値を見出せないほど辛かったので、レスを解消するより、初めからレスにならない対策が大事だと身に染みてます。

↓↓今夜も求められない…と憂鬱だったことなどが書いてます ↓↓

旦那に抱かれたい!セックレスで辛い時期を乗り越えた意外な方法 

 

産後レスの原因を知り、その原因を取り除くことで、あんなに苦痛だったセックスを受けいられるようになることもあります。

原因がわかったら自分だけで悩まず、旦那さんにも協力してもらえるようお願いしてみてください。

 

ただ拒否するだけでは、あなたの気持ちは旦那さんに伝わりません。

言いにくいかもしれないけど、話す勇気を持ってくださいね。

今は苦痛でも後々、あの時頑張って良かったと思える日が来ますよ!

 

 関連記事>>

www.matrimonialhappiness.com

 

 

 

スポンサーリンク

   

 

 こちらをクリックするとTOPページに戻れます。