主婦が幸せであるために。

主婦が幸せで楽しい毎日を過ごせる方法

なぜ旦那は話を聞いてくれない?話を聞いてもらえる5つの方法

スポンサーリンク

旦那が話を聞かない理由 聞いてもらう方法

旦那さんはあなたの話をちゃんと聞いてくれますか?

こちらが話してるのに生返事ばかりではありませんか?

約束したのに「聞いてない!」「 そうだっけ?」なんて言われ、イライラしますよね。

なぜ、旦那は奥さんの話を聞いてくれないのでしょう?

その理由と聞いてもらうために必要な5つの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

旦那が話を聞かない理由

旦那が話を聞かない理由 聞いてもらう方法

そもそもなぜ旦那は奥さんの話を聞いてくれないのでしょう。

それには男性特有の理由があります。

 

女性と男性とでは脳が違う

脳は右脳と左脳を脳梁(のうりょう)が繋いでます。

その太さが男性と女性とでは違うんです。

 

女性脳

イメージや直感をつかさどる右脳。

言語や記憶をつかさどる左脳。

それに繋がる脳梁(のうりょう)が女性の方が太い。

そのため、一度にたくさんの情報が行き交い、話の展開が早いんです。

 

男性脳

男性の脳は脳梁(のうりょう)が細いため、一度にたくさんの情報を処理するのは苦手。

ですが、一つの情報が深く適切に伝わるため専門性に長けています。

 

一つのことを極める仕事に男性が多いのは、男女の脳の構造に関係してると言えます。

 

簡単に言うと男性はこうなんです!

 

男性は2つのことを一気にできない 

旦那さんの行動を思い出してください。

あなたが話しかけてる時に旦那さんは他のことをしていませんでしたか?

 

例えば、スマホを見ていた、テレビを見ていたなど・・・

 

2つのことを一気にできないので、何かしている時に話しかけても無駄なんです。

奥さんが自分に話してると気付いていても、内容はまったく入ってません。

そういった場合は生返事という、とりあえず聞いてるフリをしてきます。

これが、約束をすっぽかす原因となってしまうんです。

 

さて、どうしましょう。

旦那が話をちゃんと聞けないのは脳のせい。

これは諦めるしかないのかしら?

 

脳の構造上、話をちゃんと聞けない男性ですが聞いてもらえる方法はありますよ!

その方法はこちらです。

 

旦那に話を聞いてもらう話し方、5つの方法

旦那が話を聞かない理由 聞いてもらう方法

  1. 中断させて話す
  2. 感情的に話さない
  3. 手短に話す
  4. タイミングを選ぶ
  5. メールやLINEで伝える

 

1.中断させて話す

1度に2つの事ができない単細胞男性。

常にスマホやゲームをしてるのなら

「少しでいいから話を聞いて」

と言ってスマホやゲームを取り上げるのもいいでしょう。

 

1つのことに集中し、話を聞いてくれるようになります。

 

2.感情的に話さない

話しを聞かない旦那に

「ねえ、ちょっと聞いてるの?いつも聞いてないよね!!(怒)」

と、怒りをあらわにしながら話すと男性はその時点で『拒否』『逃避』の精神が働きます。

 

男性は女性以上にナイーブで怒られると、その先聞こうとしなくなります。

もし話を聞いてないと思っても、怒ったり、感情的になるのは逆効果になってしまいます。

ここはグッとこらえて、お子ちゃまな男性のために大人になりましょう。

 

話してるうちに感情的になるのも避けたいです。

最初は聞いていても、途中から聞いてくれなくなり喧嘩になる恐れもあります。

喧嘩になると長い期間、旦那が話を聞いてくれなくなるので注意です。

上の文のように

「ねえ、ちょっと聞いてるの?いつも聞いてないよね!!(怒)」

という怒り方も最悪。

「いつも聞いてないよね!!」

と過去のことを持ち出すのは、ご法度。かなりこじれちゃいます。

 

3.手短に話す

男性は2つのことを一度にできないばかりでなく、情報処理力も女性に比べて低い。

伝えたいことをダラダラ話しても伝わりません。

本題がわからなくなってしまうので、手短に要点だけ伝えるのがベスト!

 

4.タイミングを選ぶ

女性は話したいと思ったら今話したい!

その気持ちはとてもよくわかります。私もそのタイプなので。

それに、言わないとすぐ忘れちゃう。

 

ですが、自分の気持ちを優先させても相手に届かなければ意味がありません。

旦那がちゃんと聞けそうな時に話してみてください。

 

いつがタイミングかよくわからないですよね。

ボケッとしてるから、今だ!と思って話しかけたら

「もう、お前が話したせいでテレビが聞こえなかった」と言い出したり。

え!?テレビのほう向いてなかったよ!!と、びっくりすることもあります。

旦那の気を引くものは急遽現れるのです。

 

一番、タイミングの悪い時間というのが朝の出勤前

何かに向けて準備してる時は、話しても無駄です。

 

絶好のタイミングはこれ!

人それぞれタイミングはありますが、旦那さんがリラックスしてる時間が絶好のタイミング!

 

例えば、家に帰宅した後のお風呂タイムは心がゆったりして、尚且つスマホなどの電子類に邪魔されません。(お風呂に浴槽テレビがあるようなリッチなご家庭では別です)

目を見て話せてませんが、何もしてない時は話を聞いてくれる可能性大です!

 

他にも、セックス後のピロートーク時にも聞いてくれる可能性は高まります。

車の運転中も聞いてもらえる可能性は高いです。

密室空間というのは普段より向き合うことができます。

ですが、運転疲れしてる時はネガティブな話題になりやすいので疲れてない時を狙いましょう。

 

5.メールやLINEで伝える

スマホを取り上げると怒り出す、タイミングもいつなのかわからない場合は、言葉ではなく文章で伝えましょう。

 

LINE、メール、置き手紙でもいいです。

その方が忘れず、「え?聞いてないけど」と、旦那は自分を正当化できなくなります。

しっかり証拠はあるのだから、言い逃れができなくなりますよ。

約束を常に破ってると弱みを握れたら、こちらも強くいうこともできます。

 

ですが、弱みを利用するより、許してあげる方が夫婦円満の近道なんです。

「俺、こんなにダメなのに許してくれて優しいな」

と思わせた方が、後々、自分の得になりますよ。

スポンサーリンク
 

 

まとめ

旦那が話を聞かない理由 聞いてもらう方法

旦那が話を聞かないのは生物学上しょうがないことです。

ですが、諦めたら終わり。

お互いが何を考えてるかわからない、何を話していいかもわからない仮面夫婦になってしまいます。

聞いてもらう工夫次第で話はちゃんと伝わりますよ。

 

旦那さんに話を聞いてもらうには、話し方が重要です。

  • 中断させて話す
  • 感情的に話さない
  • 手短に話す
  • タイミングを選ぶ
  • メールやLINEで伝える

 

これを一つでもやってみてください。

きっと、あなたの旦那さんに合う方法が見つかりますよ。

 

それと、話を聞いてもらったら

「話聞いてくれて、ありがとう」

と、可愛く感謝の気持ちを伝えると、次も聞いてもらいやすくなります。

 

旦那が話を聞かないとしても、少しづつ普段から会話する環境を整えることも大切です。

千里の道も一歩からですよ!

 

こちらをクリックするとTOPページに戻れます。