主婦が幸せであるために。

主婦が幸せで楽しい毎日を過ごせる方法

夫婦円満の鍵は妻が握ってる!仲良し夫婦が実践してる5つのこと【思考編】

夫婦円満 鍵 コツ 秘訣

旦那さんといつまでも仲良しでいたいですよね。

喧嘩したくないし、いつでも仲良くしていたいのに、その気持ちとは裏腹に常にイライラしてしまう。

そりゃそうですよ。長年一緒にいると新鮮味もなく、嫌にもなります。

結婚当初や付き合ってた頃はあんなに仲良しだったのに、あの頃のように戻れないかな。。。

と、思ってるだけでは残念ながら戻れません。

ですが、旦那さんとの付き合い方を少し見直すだけ、考え方を変えるだけで仲良くなれるものですよ!

夫婦円満でいれる思考をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
 

仲良し夫婦になるために妻が実践してる5つの考え方 

夫婦円満 鍵 コツ 秘訣

歳を取っても仲がいい夫婦っていますよね。

その鍵は奥さんが握ってます。

稀に旦那さんが努力されて、夫婦仲が良い家庭もありますが基本、男性は常に自分のことでいっぱいいっぱいなお子ちゃまです。

女性が一肌脱がなければ夫婦円満の道は険しいです。

あなたが考え方を少し変えるだけで、旦那へのイライラも減り、夫婦円満の道も開けます。

仲良し夫婦になるために妻が実践してる5つの考え方とは?

比べない

「〇〇さんの旦那さんは部長に昇進だって〜」

「△△さんの旦那さんは休日になると子供連れて遊びに出かけるんだって〜」

「それに比べてうちの旦那って・・・・」

と、よその旦那さんが、良く見えませんか?

 

隣の芝生は青く見えるもの。

実際に目に見える部分は良き旦那様であり、良きパパに見えるかもしれませんが、蓋を開けたらとんでもない男だったりする事も。

 

地位やお金を持ってる男性は、金銭的にも時間にもゆとりが生じやすくモテます。

妻の他に女がいる可能性もあります。

いくらお金があっても、愛のない家庭は嫌ですよね。

表面的に取り繕ってくれたらいいですか?

私の周りにもいますが、お金を持ってる男性は生活費を払えてしまうので、本妻の元には戻らず新しい彼女と生活する男性も多いんです。

彼女に子供でもできた日には、正式に離婚を申し出てくるでしょう。

 

子煩悩な旦那さん、いいですよね!

私の友達にも子煩悩な旦那さんを持つ子がいます。

子供もかわいがる上に、家事も手伝ってくれるようです。最高ですよね!

ですが、この友達に「生まれ変わっても今の旦那さんと結婚する」かと聞いたら、答えは「しない」という驚きの答えでした。

友達からすると「旦那は欲がなさすぎる」と言うのです。

友達は結婚前、バリバリのキャリアウーマンで、どちらかというと派手な生活を送っていました。

年に何回も海外旅行に行き、ブランド物を買い漁るのが楽しみだった友達が『多くを望まない』旦那さんと結婚した事で、贅沢を一切してないようです。

旦那さんの職業は公務員なので安定はしますが、海外旅行に行ったり、少し高級なレストランに行きたいというと、渋い顔をされるようです。

「男ならもっと野心を持って欲しい。妻や子供を贅沢させるくらい稼ぐぞ!」って気持ちを持って欲しいと言ってました。

一見、幸せそうな夫婦でも色々あるんですよね〜。

期待しない

夫婦円満 鍵 コツ 秘訣

旦那さんに理想像を押し付けていませんか?

旦那さんに完璧を求めないことで、より良い夫婦関係を生み出すことができます。

「そんな〜、別に旦那に理想なんて追い求めてないわよ〜」

と言うかもしれませんが、

「休みの日くらい子供ともっと遊んでよね!」

「たまには家事を手伝ってよね!」

というのも、極端に言ってしまうと理想像なのです。

 

『三つ子の魂百まで』

結婚当初にできてなかったことや、今までやろうとしなかったことをするようになるのは皆無と言っても等しいでしょう。

「手伝ってくれるでしょ!」という気持ちではなく、「手伝ってくれたらラッキー」くらいに思ってると腹も立たないですよ。

 

スポンサーリンク
 

干渉しすぎない

旦那さんの携帯メールやLINEをのぞいたり「今夜は誰と飲みに行くの?」「何時に帰るの?」と干渉するのはNGです。

やましいことがなくても、プライバシーに関わる携帯を覗き見するのは、信頼問題に関わります。

『妻に信頼されてない』と旦那さんが思ってしまうと、夫婦の絆にヒビが入ります。

人と人が接する上で大切なのは『信頼』です。信頼関係を築けない相手、または自分のことを信用してくれない相手と仲が深まるわけないですよね。

 

夫婦円満のために、適度な距離は大切です。

結婚すると相手を所有物として見てしまいます。

一緒に住んでるので行動が、いやでも見えてしまう。知らなければ気にならないことでも知ってしまうと気になるものですよね。

ですが、聞くときは『場所と会う人』くらいにしておきましょう。

行くお店が気になるのなら

「どこに行くの?」と行く前に聞くのではなく、行った後に「ご飯美味しかった?良いところだったら私も今度行ってみたいから教えて」などの聞き方がいいでしょう。

 

それに干渉して疲れるのは旦那さんだけではなく、あなた自身も疲れます。

いちいち旦那さんの行動を気にしすぎると良からぬ妄想を抱いてしまい、気疲れするだけです。

旦那さんの浮気が心配ですか?

本当に浮気する男性はちょっとやそっとではバレないように用意周到に浮気をします。

関連記事>> 

www.matrimonialhappiness.com

妻や母であることに囚われない

『自分は妻であるから、こうしなくてはいけない』

『自分は母であるから、こうしなくてはいけない』

という固定観念は自分を苦しめることにもなり、旦那さんにも同じように振舞って欲しいと思うようになります。

 

ご年配の方で「母親が夜飲みに行くなんて私達の時代では考えられなかったわ」と嫌味を言う方もいらっしゃいますが、気にする必要ありません。

妻が気にするべき相手は旦那です。

旦那が、ランチや飲み会に寛容なら参加したらいいのです。

そういった、家庭とは違う息抜きをする事で自分自身もリフレッシュできますし、『個人』として行動させてくれる旦那さんにも感謝できます。

 

結婚して長くなると会話がなくなる夫婦も少なくありません。

いつも家にこもってばかりで、旦那さんとしか接してなかったら会話することも減ってきますが、趣味を持ったり気分をリフレッシュすることで旦那さんとの会話も増えます。

何よりも、楽しいことをしてるとあなたの笑顔が増えるはずです。

旦那さんが一番に望んでるのは妻の笑顔です。

楽しそうにしてる妻を見るだけで、旦那さんは嬉しいものなんですよ。

 

スポンサーリンク
 

旦那をエイリアンだと思う

夫婦円満 鍵 コツ 秘訣

「はぁ?何やってんの?」

「今それすること?」

「私の気持ちを少しもわかってくれない」

と思うこと多々ありますよね。

 

私もよくあります。

年末の大掃除を手伝ってくれるというから、窓掃除と網戸掃除を手伝ってもらおうとしたら、車を洗ってました。何時間もかけて。

しかも外だけで、中は掃除してくれませんでした。

家の中の掃除が終わってるならともかく、車の掃除。。。と思いました。

外はコイン洗車でちゃちゃっとして、中の掃除をして欲しかったのですが、女性の気になる部分と男性が気になる部分は違うんですよね。

おかげで車のボディはピカピカになりましたけど・・・

 

旦那の言動を理解できたら苦労ありません。

理解でき、やることなすこと共感できたら、イラつくことも喧嘩することもありません。

理解しようとするからキツイんです。

理解したいから、自分のことも理解して欲しいと思い、言い合いになったりもします。

はっきり言います。

人の性格は大人になるとほぼ変わりません。

一般的には多い意見だったとしても、旦那さんが少数派の考えを持つ人なら、それを正すことはできません。

そして人の思考というのは、決して何が間違いで、何が正解というのはないのです。

みんな個人個人違う考えを持ってます。

その考えが近いと摩擦も起きづらいですが、そうじゃないと喧嘩は尽きないでしょう。

 

意見が合わない旦那さんを無理に理解せず、「この人は私とは違う星で育った人。エイリアンなのだからしょうがない」という諦めも大事です。

もちろん人として、してはいけない事をした時は「エイリアンだからしょうがない」と、諦めてはいけません。

不倫、DV、生活費を入れないなどの身勝手をされた時には、ちゃんと話し合いましょう。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

夫婦円満 鍵 コツ 秘訣

妻が考え方を変えるだけで、旦那さんに対して腹立つことも減ります。

「でもこれじゃあ、妻ばかり我慢して損じゃない!?」と思いますよね。

そうなんです、旦那はこの苦労を何もわからずで腹が立ちますが、この努力は必ず実を結びます。

旦那に「私はこう思ってるの、もっとこうして!」「結婚前はもっと優しかった」などと言っても何も改善されません。

相手を変えるのなら自分から!なのです。

 

旦那さんが家で気分良く過ごせると、心の余裕も自然に生まれ妻に優しくなります。

相乗効果を作り上げるには、まずは自分が考えを変え、旦那さんとの摩擦を減らすことです。

旦那さんも妻に意地悪してやろうとは思ってないけど、自分が優位に立ちたくて悪かったことでも素直に認められないんですよね。

女にはこの気持ち理解しづらいですが、男はプライドと優越感を常に持っていたい生き物なんです。

そんな特性を利用しておだてれば、気分が良くなり妻を労ってくれるようになりますよ。

ですが、しなかった家事をいきなりするようになるかというと、それは難しいですね。

多くは望まず、自分と旦那さんの着地点を見つけるのも大事です。

「仕事をちゃんとやってるし、子供を可愛がってるし、家事はしないけど、まあいいか!」と寛容な気持ちを持つのも大切ですよ。

どんな男も結婚して夫婦になったら、さほど変わりません。

自分達なりに夫婦円満の秘訣を見つけ出し仲良し夫婦になりましょう。

 

夫婦円満の鍵は妻が握ってる!仲良し夫婦が実践してる5つのこと【行動編】www.matrimonialhappiness.com

 

スポンサーリンク
 

行き詰まった時はこんな方法も

夫婦関係の悩みって誰にも言えず、1人で考え込んでしまいますよね。

女性は話を聞いてもらうだけでも、心が安まり穏やかになるものです。

1人で考えこんでしまうと、悪い方悪い方へ・・・

『この結婚は間違いだったんじゃないか』と、とことんネガティブになってしまいます。

こんなネガティブで暗い気持ちを脱するには、人に話を聞いてもらうこと!

相談できる友達がいたり、同じ境遇の友達がいると悩みを話すだけで気持ちが軽くなります。

ですが、悩みによっては人に言えない場合もありますよね・・・

私もそうでした。

軽い夫婦喧嘩なら友達に面白おかしく話せるのですが、深刻な悩みや性的な事となると誰にも話すことができませんでした。

それに、最初は快く聞いてくれた友達も同じ話にウンザリするんじゃないかと思うと、気を使って言えないというのもありました。

「誰かに聞いてほしい」「相談したい!」けど出来ない。。。

という時に知ったのが、ピュアリでした。

  

ピュアリは、3%以下の占い師しか通過できない、厳しい審査に合格した、本当に実力のある占い師さんのみが在籍してるっていうのが、一番の特徴。

何人かの占い師さんに相談しましたが、その中でも桜ノ宮(サクラノミヤ)さんは人気や評判も一番で、特に夫婦関係の悩みや占いを最も得意にされてます。

>>桜ノ宮(サクラノミヤ)さんのプロフィールページへ

 

相談してみた私の感想としては、「旦那さんはこんな人じゃないですか?」と言われたのが、まるで『知り合い?』と錯覚するほど当てはまっていて驚きの連続でした。

旦那の性格を分析してくださってるからか「こうしたらいいですよ」のアドバイスを実践すると、あの頑固で素直じゃない旦那が「ありがとう」と優しい言葉をかけてくれたのです!!

『誰にも言えない悩みを聞いてもらうだけでいい』という軽い気持ちで電話したのに、的確なアドバイスまでいただけるとは思ってませんでした。

実はこの記事に書いてることも桜ノ宮さんに言われた事を実践して、うまくいった経験談を書いてるのもあります(笑)

 

『旦那の気持ちがわからない』『どうしたらいいかわからない』という方は、是非一度相談してみてください。 何か一筋の光が見えると思いますよ^ ^

 

↓ピュアリの公式サイト↓

https://pure-c.jp

補足仮登録が終わったら、ピュアリからメールが届きます。

そのメールに記載されているURLをタップして登録完了なので、忘れずにチェックして下さいね!

 私もそうでしたが、ピュアリは他にも占い師さんがいらっしゃるので、誰を選ぶか迷ってしまうことがあるかもしれません。

個人的には、やっぱり桜ノ宮さんがオススメなんですが、他にも夫婦の悩み相談を得意とされている方がいるので、レビューを読んだり、自分の直感で決めるのもいいと思います。

ちなみに桜ノ宮さん以外だと、 神女(かみんちゅ)さん 、咲耶ローズマリー(サヤローズマリー)さん  

>>神女さんのプロフィールページへ

 

>>咲耶ローズマリーさんのプロフィールページへ

 

この二人は夫婦の悩み相談を得意とされている中でも特に人気が高く、私もこの3人で迷いました。

人気が高い人はすぐに予約が埋まってしまうので使う人は登録したら、できるだけ早く予約を入れておくのがオススメです!

 

まずは無料分だけ使ってみる!

私もそうでしたが、初めて占いをする人はちょっと不安な部分もありますよね。

そんな方は、ひと月だけの登録特典で、10分間無料で使えるキャンペーンをやっているので、無料分だけ使ってみるのがいいと思います。

メールでも使えますし、「10分間だけお願いします」とはじめに伝えておけば、その時間内で占ってもらえます。

無料で使えてしまうので、とりあえず使ってみてその上でまだ聞きたいことや、アドバイスしてほしいことがあれば追加してみるのがいいでしょう。

>>ピュアリの登録ページはココから

 

www.matrimonialhappiness.com

 

スポンサーリンク

   

 

 こちらをクリックするとTOPページに戻れます。