主婦が幸せであるために。

生涯のパートナーとして選んだ相手と末長く良い関係を築ける法則

突然、夫が離婚宣言。離婚しないで 済む方法とは?離婚を回避するための4つのこと。

夫に「離婚してほしい」と急に言われたら、 どうしていいのか、わからなくなってしまいますよね。

 

夫に女の影があったり、喧嘩ばかりの毎日だったとしても、離婚したくない妻は多いものです。

 

「別れたくない!」と思うなら、今からでも遅くありません。

 

結婚関係を継続したいなら、行動を起こしてください。

 

離婚しないで済むように、離婚を回避するために、するべき事をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
 

知ってますか?離婚は簡単にできません。

旦那さんが「離婚したい」と言ったからといって、従う必要はないんです。

 

離婚は基本的に、お互いの合意がなければ成立しません。

 

ただし、法定離婚自由があれば、離婚を拒否できなくなります。

 

民法770条1項で定められている、法定離婚事由は以下の通りです。

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 三年間の生死不明
  • 強度の精神病で回復の見込みがない
  • その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

 

あなたに浮気、DV、失踪、強度の精神病などがあなたにある場合は、裁判になると離婚を避けられない可能性が高くなります。

 

上記のような理由がなくても、長期間の別居後に離婚裁判提起となると、既に婚姻関係は破綻していると判断され、離婚が認められてしまうこともあります。(5番目、その他の法定離婚自由に当てはまります)

 

もし、あなたが法定離婚自由に当てはまることをしてないのなら、旦那さんがいくら離婚したがっていても、離婚する事は難しくなります。

 

ですが、離婚届はどちらか一人でも提出することはでき、知らないうちに受理されてしまうこともあるのです。

 

離婚届の偽装は犯罪行為ですが、念のため、市区町村役場で「離婚届不受理申出」を提出しておきましょう。

 

そうする事で、一方的な離婚を避けられます。

 

スポンサーリンク
 

離婚を回避すためにするべき事4つ

離婚したくないのは、形としての夫婦生活を継続したいわけではなく、夫婦関係修復を願っているからだと思います。

 

「離婚したい」と言ってる旦那さんの気持ちを変えたいなら、再構築するために以下のことをしましょう。

離婚したい理由を冷静に聞いてみる

まずは、なぜ離婚したいと思っているのかを聞くことです。

 

自分勝手で、理不尽な理由だったとしても、聞き役に徹してください。

 

冷静に聞くのは難しいものですが、感情的になったり、言い返してしまうと「もういい。そういうところにうんざりなんだ。とにかく離婚したい」とうやむやにされ、離婚したい原因を知ることができなくなります。

 

また、どんなに腹が立っても暴力をふるってはいけません。

 

カッとしてやったことだとしても、あなたが有責配偶者(法定離婚自由を働いた配偶者)になってしまうこともあります。

 

旦那さんの話をよく聞いて、その不満や不平をどうしたら取り除けるのか、方法を考えてみましょう。

 

もし、旦那さんが浮気をしたのに離婚したいと言ったとしても

「浮気したくせに!」「絶対に離婚しないから!」と反論するより「本当にごめんなさい」と自分に非があるような態度をとった方が、離婚を止らすことができます。

 

旦那さんに罪悪感を感じさせるのです。

 

浮気は悪いことだと、旦那さんもわかっています。

 

ですが、責められると、意固地になってしまうものなんです。

 

「相手にこう言ったらどう感じるか?」を意識して話すと良いでしょう。

 

離婚する気はないのに『離婚する!』と言っただけなのか、それとも本気なのか、旦那さんの本心を冷静に読み取ることが大事です。

 

もし、すでに理由を聞いたけど、感情的になり、話がちゃんとできなかったのなら、もう一度話し合えるよう、頼んでみましょう。

 

ですが、何度もしつこく聞かないように注意してください。

 

話し合うたびに、何度も感情的になられては、旦那さんの気持ちは離れていく一方です。

 

スポンサーリンク
 

旦那さんが離婚したい理由を考える

なぜ旦那さんが離婚したいのか、自分に反省するところはないか考えてみましょう。

 

考える際には『夫婦だからこれくらい我慢して当然』という考えは、切り離してください。

 

『夫婦だから』『結婚したから』と割り切れる男性なら、離婚は男性にとってもデメリットが多いことなので、別れるという選択肢を選ぼうとしないものです。

 

男性という生き物を客観的に捉え、考えてみてください。

 

夫婦になっても、男性の欲求は基本的に変わりません。

 

男性が女性に求めるものは、

  • 刺激
  • 性欲
  • 癒し
  • 信頼
  • 育児、家事
  • 金銭感覚
  • 共感

とくに、性欲と癒しを求める傾向にあります。

 

結婚することで、刺激を与えるのは難しくなりますが、その分、一緒にいる時間が長くなり、理解し合あえることで、癒しや、信頼を満たせます。

 

結婚での共同生活や、子供が生まれれば、 育児や家事、金銭感覚なども加わり、唯一のパートナーとなります。

 

男性の全ての欲求を満たすのは難しくても、満たせる項目が多ければ多いほど

 

『一緒にいてこんなに満たされる女性はいない』

 

『1人でいるより、妻とだったら一緒にいたい』

 

となり、結婚生活は続きます。

 

旦那さんの男性としての欲求を満たしてあげれてたかを考え、もしそうでないのなら、満たせるように努力てみましょう。

 

ただし、セックスは不仲な時に誘うと、余計に不愉快な気持ちにさせることがあります。

 

まずは、癒し、信頼、育児、家事などの欲求を満たせるようにしてみましょう。

関連記事>>

www.matrimonialhappiness.com

  

スポンサーリンク
 

旦那の離婚後の妄想を壊す

旦那さんが離婚したい原因は人によって異なりますが、離婚したい理由は「離婚すれば、もっといい人生が送れる」と、離婚後の生活に夢を抱いてるからです。

 

  • 誰に気遣うことなく、家の中でのびのびと過ごせる
  • 好きな人と、もっと会えたり、結婚できる
  • 今よりお金の心配をしないで暮らせる

 

などです。

 

このように、ストレスが解放され、もっと満たされた生活が待ってると思っています。

 

離婚後は、もっと苦痛ばかりの人生が待ってると想像したら、離婚するわけないですよね。

 

そんな妄想を抱いてる旦那さんに、現実を突きつけてあげてください。

 

『自分の判断は間違っているのではないか?』

 

『離婚したら後悔するかもしれない』

 

離婚することで、自分が思ってるようなストレスフリーな生活になるのではなく、今とは違う大きなストレスを抱えることになるかもしれないと、思わせることができれば、離婚を回避できます。

 

子供のことを大事にしてる旦那さんなら、子供とたくさん関わりを持たせ、「離婚すると子供とあまり会えなくなる」という、デメリットを気づかてください。

 

家事のありがたみをわかってない旦那さんなら、家庭内別居という形を短い期間とり、家事を旦那さん自身がすることで、あなたのサポートに気づくこともあります。

 

必ず、『別居』ではなく『家庭内別居』にしてください。

 

『家庭内別居』は自由度が低いのに、家事をやってもらえないことで、衣食住に関する妻のサポートを感じられます。

 

冷蔵庫を開ければ、食べたいもの、飲みたいものが補充されてる生活や、柔軟剤の良い香りがする洗濯物を常に使える生活は、妻のおかげだと気づかせてあげてください。

 

一方、『別居』も家事全般を旦那さん自身がしなくてはなりませんが、他の自由度が高くなるため、離婚のデメリットがかすんでしまいます。

 

離婚の時、面倒になるのが、新しく住む家を探すこと。

 

その面倒が1つクリアになると、離婚にへのハードルが下がることになるので、別居はおすすめしません。

 

家庭内別居を提案する際は、罰を与える気持ちではなく、旦那さんの気持ちを尊重したからこその家庭別居だと伝え、あなた自身は離婚したくないことも伝えましょう。

 

他にも、旦那さんに好きな女性ができて離婚したい場合は、不倫相手の女性が、想像と違って酷い人だったと気づけば、あなたの元に帰ってきます。

 

ですが、不倫相手の嫌なところに気づくのは時間がかかります。

 

それまで、待つのも一つの手ですが、不倫相手と家庭との二重生活に耐えられない場合は、別れさせることができれば手っ取り早いと思いませんか?

 

ですが、あなたが一人で旦那さんと不倫相手の関係を終わらせるために、直談判に行ったとしてもう、まくいく事はないでしょう。

 

不倫相手を直接問い詰めて、それで相手が「はい、わかりました」と旦那さんと、すんなり別れてくれる可能性は低いものです。

 

もし、不倫相手と旦那さんの関係解消に成功し、離婚を阻止できたとしても、夫婦関係の悪化は免れません。

 

こういう場合は、プロに別れさせてもらうのが得策です。

 

別れさせるプロとは、探偵を利用すること。

 

探偵だからこそできる不倫相手との交渉や探偵調査で、不倫の確実な証拠を掴んでいる場合、様々な方法で旦那さんに不倫相手との関係解消を要求することができます。

 

例えば、訴訟を起こして、証拠をもとに不貞行為をやめさせることが可能です。

 

また、不倫相手との交渉を仲裁してくれる場合もあり、二度と旦那さんと会わないように契約を交わすこともできます。

 

不倫相手が社会的立場にある場合や、家族や職場に自らの不倫が暴露されることを恐れる場合、証拠を提示するだけでも別れてくれることさえあります。

 

不倫相手に慰謝料請求をすることもできますので、それだけで十分に不倫関係を解消するきっかけにもなります。

 

探偵といっても、たくさんありすぎて、どこに相談していいのかわからない場合は、あなたの条件にぴったりの探偵社を探してくれるサイトもあります。

 

『街角相談所ー探偵ー』を利用すると、多くの探偵事務所を一括査定でき、価格もおさえられます。

>>浮気の証拠が取れなかったら0円の探偵社あり|街角相談所 -探偵-

f:id:h163932:20190830223011j:plain

  

離婚したい理由によって、離婚後の夢を壊す方法は様々ですが、「離婚した後のデメリットを気づかせること」こそが離婚しないで済む一歩になります。

 

スポンサーリンク
 

知り合いではない第三者に相談する

離婚という、夫婦最大の危機に直面した時、1人でこの問題を抱えるには辛すぎることでしょう。

 

こんな時、話を聞いてくれる人や相談できる人がいたり、離婚経験者などの話を聞くことで、気持ちが軽くなることもありますよね。

 

ですが、旦那さんやあなたのことを知ってるからこそ、偏ったアドバイスをされるという落とし穴があります。

 

そういうこともふまえ、中立な立場の第三者に相談することが大事です。

 

旦那さんとの話し合いにしても、仲介役となる人がいることで、問題を感情論ではなく、客観的に捉えることができます。

 

第三者の相談とは、弁護士や興信所などを利用すること。

 

弁護士に相談することで、旦那さんの離婚請求が通るかなど、確認することもできます。

 

弁護士や興信所は敷居が高いと感じるなら、浮気・不倫問題に関するカウンセリングを利用するのもいいでしょう。

 

【浮気・不倫問題のカウンセラー】

 

原一探偵事務所の専門カウンセラー

原一探偵事務所は多数のメディアに取り上げられる大手探偵社(支社数は国内最大級である18支社)で、浮気調査をメインに行っています。

 

男女問題について経験豊富な専門カウンセラーが多数所属していて、親身になってあなたのお悩みを解決するためにサポートしてくれます。

 

相談料金は無料です。

▶原一探偵事務所の専門カウンセラーに相談する

 

リッツ横浜探偵社の専門カウンセラー  

代表の山村は浮気調査の専門家としてメディアに多数出演する、評判の良い探偵社です。

 

JDAP認定夫婦カウンセラーが、夫婦修復や離婚に向けて最後までしっかりとサポートしてくれます。

 

夫婦修復の実績多数!解決実績3000件以上。

 

 相談料金は無料です。

▶リッツ横浜探偵社の専門カウンセラーに相談する

 

再構築した経験者の方法を実践するのも、もちろん良い方向に動くものですが、夫婦関係は十人十色。

 

あなたと旦那さんとの根底にある問題をプロに分析してもらうのは、夫婦関係修復への近道となります。

 

スポンサーリンク
 

まとめ

離婚を回避するなら、旦那さんを離婚できない状況にする事です。

 

法的に訴えることもできますし、旦那さんの気持ちを変えることで、離婚しなくて済むこともあります。

 

そのためには、離婚した方がデメリットが多いという事を、旦那さんに気づかせてあげましょう。

 

脅すのではなく、旦那さんに「離婚しても何も良いことがない」と思わせることが大事です。

 

もし、女性の存在があるなら、その女性に幻滅したり、捨てられる事で離婚を回避できるでしょう。

 

今は、恋に恋した浮かれた状態にいるだけで、いずれはあなたの元に戻ってくる可能性はあります。

 

その時を待つのも1つの選択ですが、不確かな状況を傍観できないのなら、二度と旦那さんと会わないように、探偵と契約を交わしてもらう事も手段となります。

>>浮気の証拠が取れなかったら0円の探偵社あり|街角相談所 -探偵-

f:id:h163932:20190830223011j:plain

 

離婚を切り出され、ショックで毎日辛い日々を送っていると思いますが、行動を起こせば必ず、このくらいトンネルから抜け出す事はできます。

 

まずは、旦那さんの話を冷静に聞いてください。

 

冷静になるのは難しいものですが、感情的になると事態を悪化させるだけです。

 

旦那さんの気持ちを聞き、なぜ離婚したいと思ったのか、原因を考えてください。

 

その原因を取り払う事をしてみましょう。

関連記事>>

www.matrimonialhappiness.com

 

スポンサーリンク

   

 

 こちらをクリックするとTOPページに戻れます。